ホーム > サービスメニュー > BIOTEXTURE手術トレーニングシステム > 推薦者の声と活用事例「鏡視下トレーニングに革新をもたらす新システム」

メディカルエンジニアリングサービスについて

メディカルエンジニアリングサービスについて サービスメニュー BIOTEXTURE手術トレーニングシステム 病院・クリニック 大学・学校 医療機器・医薬品関連 総合事例 3Dデータソリューション ご注文 企業情報 お問い合わせ
3次元モデル一覧 Bio-Texture Modeling 生体質感造形

推薦者の声と活用事例

鏡視下トレーニングに革新をもたらす新システム
東京慈恵会医科大学外科学講座 呼吸器、乳腺・内分泌分野  教授 森川 利昭 先生 近年、画像をコンピュータで立体視できるようになり、さらにリアリティのある画像が得られるようになりました。それでもなお実際の大きさ ではありませんし、中に手を入れることも、手術器械をあてがってみることもできません。ましてや、臓器を動かすこともできません。生体質感立体臓器モデルはこれらを一挙に実現してくれました。
1.鏡視下手術の普及と残された課題

腹腔鏡下手術は、患者に対する低侵襲性から急速に普及している。今後もさらなる広がりが期待される。一方で、外科医の立場から鏡視下手術を眺めても、利点はおおい。拡大視効果による解剖の理解は、通常手術を凌駕しているし、従来視野確保が困難であった部位でも良好な視野で手術を進行することができている。また、開腹手術では不可能であった、同じ術野の共有が可能なことも大きなメリットである。

一方で解決すべき問題点も浮き彫りになっている。最も大きな問題は、要求される技術水準の高さである。従来手術教育は、on the jobを中心におこなわれてきた。初心者は、はじめに単純な手術をおこない、その後徐々にステップアップをしていくことができた。しかし、今日の鏡視下手術の普及によって、単純な手術は鏡視下手術へ移行している。さらに鏡視下手術の中でもより低侵襲な治療法へと移行している。たとえば、代表的な外科研修医の症例であった虫垂切除術の例を見てみると、開腹手術から多ポートの鏡視下手術へ移行し、現在では単孔式鏡視下手術へ移行している。このように、従来traineeが経験を積むことができた低難度手術がすくなくなっている。そのため、適切で効率的なトレーニング手法の確立が急務である。

◼︎今日の鏡視下手術トレーニングの現状
そこで今日の鏡視下手術トレーニングの現状をみてみる。基本的なスキルの習得にはFLS(Fundamentals of Laparoscopic Surgery)のように確立した手法がある。単純なdry boxでおこなわれるトレーニングである。その後に、より実践的なトレーニングとしてVR (virtual reality) simulatorとanimal labがおこなわれる。 また、cadaverもトレーニングに用いられる。その後にon the job trainingとなる。こういったトレーニングを経て内視鏡外科医として独り立ちしている。


2.手術を疑似体験できる外科医向けトレーニング

当教室では、患者の安全と効率的な教育を目的に2010年以降からFLSを参考にしたbasic skillのテストをおこない、そこから、積極的にanimal labでのトレーニングを経験させている。その後実際の手術を通じたon the job trainingへ導入する方針としていた。しかしながら、実際の症例を経験する前に、充分な教育機会を与えることは、利用できるシステムが限られており難しかった。これがlearning curveを延長させる一因になっていたと考えている。

今回、我々をふくめた複数の医療施設が参加し、ファソテックと共同で開発した人体を忠実に再現したdry boxと臓器ユニットによるトレーニングは、animal labやVR simulatorの持っている問題点を解決している。実際の標準術式のシナリオをベースに開発されており、基本手技を組み合わせながら術式の完遂までをsimulateすることが可能である。それぞれの術式に関連する構造を再現してあることから、実際の手術のように様々なアプローチが可能である。また、質感の再現や材質の工夫により、実際の手術器具による処置が可能となっている。電気メスや、剥離鉗子、クリップなどを適切に選択する訓練となり得る。同じ臓器ユニットによるトレーニングをおこなうことにより、自身の技術向上の実感も得やすくなる。
このように実際の手術と同様のトレーニングであれば、外科医にとって楽しく、trainingへのmotivationも維持しやすいと思われる。


また、本システムは基本的には実際の手術と同じように複数人でsimulationをすることが基本となる。そのため、traineeとtrainerが実際の手術同様の環境で教育指導することとなり、traineeへの教育効果とともに手術チームとしての能力の向上も期待できる。


3.外科医の技術計測と手術デバイス開発への応用

本システムは、その特徴から単なる外科医のトレーニングにとどまらない活用が期待される。
1つは、外科医の技術の客観的な計測である。現在は、手術手技の評価はあくまで主観的であった。手術対象である症例は、個人差が大きく、医師の技術の評価が難しかった。本システムでは、背景条件を統一することが可能である。
そのため、expertとbeginnerの差を客観的に評価可能になる。鉗子の挙動や時間などの計測により、beginnerに対して的確なアドバイスが可能となる。これによりlearning curveの短縮が期待できる。
もう一つは、新たな術式の開発や手術デバイスの開発への活用である。今日までは、単純なdry boxやanimal labを中心に開発されていた。しかし、解剖学的な構造の違いから、検討困難な問題も多く迅速な開発は困難であった。そこで、本システムのように人体を忠実に再現したモデルであれば、試作やアイディアの段階から容易に評価が可能であり、迅速な開発に寄与すると思われる。

腹腔鏡下胆嚢摘出訓練の様子 膵臓と空腸の吻合風景(開腹) 腹腔鏡下S状結腸摘出訓練の様子
ページの先頭へ