ホーム > サービスメニュー > 総合事例

メディカルエンジニアリングサービスについて

メディカルエンジニアリングサービスについて サービスメニュー BIOTEXTURE手術トレーニングシステム 病院・クリニック 大学・学校 医療機器・医薬品関連 総合事例 3Dデータソリューション ご注文 企業情報 お問い合わせ
3次元生体モデル一覧 Bio-Texture Modeling 生体質感造形

総合事例

手術トレーニングシステムの事例

東京慈恵会医科大学外科学講座呼吸器、乳腺・内分泌分野
教授 森川利昭 先生

新しい胸腔モデルとSynchronized Surgical Simulationによる新たな外科トレーニング

詳細を見る

自治医科大学消化器一般外科
助教 遠藤和洋 先生

鏡視下トレーニングに革新をもたらす新システム

詳細を見る




推薦者の声と活用事例 ※医療機関名の五十音順表記

神戸大学 大学院医学研究科消化器内科
特命講師 杉本真樹 先生

外科手術の現場ニーズから開発された生体質感造形Bio-Texture Modelingを、医療の枠を越えヘルスケア、ライフケアや教育へ活用していきます。

詳細を見る

独立行政法人 国立がん研究センター東病院 泌尿器・後腹膜腫瘍科
駒井 好信 先生

『腎の「腫瘍」・「動脈」「マージン」立体モデル』を同時に再現し、切除時に腫瘍周囲につける正常腎組織(マージン)を立体的に把握することが可能に。

詳細を見る

自治医科大学 消化器・一般外科、鏡視下手術部
教授 佐田尚宏 先生

外科診療で最も大切なことは安全な医療を提供することです。熟練した外科医は術前検査を自分の頭の中にイメージとして持ち、そのイメージで若手の医師を指導していました。イメージ共有のためのツールとしてBTMには様々な可能性があります。

詳細を見る

千葉大学 フロンティアメディカル工学研究開発センター
大学院医学研究院整形外科学
教授 鈴木晶彦 先生

生体の内部構造を模倣して2種類の樹脂とサポート材の組み合わせを変えて3次元構築を行うことで、より生体に近いBio-Texture Modelingが可能となる。

詳細を見る

帝京大学 医学部泌尿器科
主任教授 堀江重郎 先生

最近の外科技術の大きな進歩の一つが、ロボット支援手術の導入です。ファソテックが開発した、Bio-Texture Modelingはこの手術のシミュレーションに最適です。

詳細を見る

東京慈恵会医科大学外科学講座 呼吸器、乳腺・内分泌分野
教授 森川 利昭 先生

近年、画像をコンピュータで立体視できるようになり、さらにリアリティのある画像が得られるようになりました。それでもなお実際の大きさ ではありませんし、中に手を入れることも、手術器械をあてがってみることもできません。ましてや、臓器を動かすこともできません。生体質感立体臓器モデルはこれらを一挙に実現してくれました。

詳細を見る

東京慈恵会医科大学附属柏病院外科
教授 秋葉 直志 先生

2色の樹脂を混合することで気管支、肺動脈、肺静脈を一度に再現した肺の立体モデル。1つのモデルを使い、手術シミュレーション、インフォームド・コンセント、教育教材など、幅広い分野で活用・転用に成功。

詳細を見る

東京都立墨東病院 外科
医長 脊山泰治 先生

3Dプリンタによる臓器立体モデルにより、新しい肝切除ナビゲーションの開発に取り組んでいます。

詳細を見る
3次元生体モデル一覧
ページの先頭へ