ホーム > サービスメニュー > 大学・学校

メディカルエンジニアリングサービスについて

メディカルエンジニアリングサービスについて サービスメニュー BIOTEXTURE手術トレーニングシステム 病院・クリニック 大学・学校 医療機器・医薬品関連 総合事例 3Dデータソリューション ご注文 企業情報 お問い合わせ
3次元生体モデル一覧 Bio-Texture Modeling 生体質感造形

大学・学校

新しい教育ツール開発の可能性

CT/MRIの情報から精密な立体造形に再現し、なおかつ質感(可視化・感触・硬さ・柔らかさなど)を持った教材開発により、新しい教育環境の可能性を広げます。“誰もが見たい、見たくても見られなかった、触れなかった”人体の内部構造を高精密に造形します。これにより教育現場に学習の自主性を生み出します。

最新の推薦者の声と活用事例全ての事例を見る

自治医科大学 消化器・一般外科、鏡視下手術部
教授 佐田尚宏 先生

外科診療で最も大切なことは安全な医療を提供することです。熟練した外科医は術前検査を自分の頭の中にイメージとして持ち、そのイメージで若手の医師を指導していました。イメージ共有のためのツールとしてBTMには様々な可能性があります。

詳細を見る

神戸大学 大学院医学研究科消化器内科
特命講師 杉本真樹 先生

外科手術の現場ニーズから開発された生体質感造形Bio-Texture Modelingを、医療の枠を越えヘルスケア、ライフケアや教育へ活用していきます。

詳細を見る

活用用途

手技トレーニング

柔らかいモデルを使用することで、個別の症例を実際の手術現場のような環境で再現できます。
これにより、開腹手術、腹腔鏡手術など実際の手術機器を使用した手術体験ができます。

人体の構造および病態の学習

複雑な内部構造を可視化した個別の症例モデルを“触って、見る”ことができるため、教科書や2次元的な画像では分かりにくい解剖や病態の理解を深めることができ、インタラクティブな教育を実践できます。

プレゼンテーション

院内学習や研究発表などの場で、実モデルをプレゼンテーションツールとして活用できます。文字や写真では伝わりにくいコンテンツをダイレクトにオーディエンスに伝えることができ、プレゼンテーションのインパクトや理解力を高めます。

3次元生体モデル一覧
ページの先頭へ