ホーム > News&Topics一覧 > 8/5(月)『週刊現代』でBIOTEXTUREモデルが紹介されました

News&Topics

メディカルエンジニアリングサービスについて サービスメニュー ご注文 企業情報 お問い合わせ
3次元生体モデル一覧 Bio-Texture Modeling 生体質感造形

News&Topics

2013/08/06

8/5(月)『週刊現代』でBIOTEXTUREモデルが紹介されました

2013年8月5日(月)発売の『週刊現代』の「目で視る『がん』」で、ファソテックのBIOTEXTUREモデルが掲載されました。

「現在、日本では年間約70万人ががんになり、20年後には患者数は1.5倍にもなると推計される」(本誌よる抜粋)ほど身近な存在となった「がん」ですが、「がんそのもの」を目にする機会はほとんどありません。同コーナーでは、この「人類にとって最強の敵」である「がん」について、カラー写真で詳しく解説しています。

「3Dで視る時代」の先端事例では、ファソテックと共同研究をしている慈恵医大呼吸器外科の森川教授の取り組みが紹介されています。森川教授は、世界で初めて、CTデータをもとに作製した肺モデルを治療の現場に活用しています。BIOTEXTURE技術を、肺がんの胸腔鏡治療のシミュレーションとして取り入れている森川教授は「人によって骨格や血管の生え方が異なる。将来的に患者ごとの生体モデルを作れれば、安全性の向上、患者の負担減に繋がります」(本誌より抜粋)と話しています。
週刊現代 8月5日発売
週刊現代 8月5日発売
胸腔鏡シミュレーター
胸腔鏡シミュレーター
ページの先頭へ