ホーム > メディカルエンジニアリングサービスについて > Bio-Texture Modelingとは?

メディカルエンジニアリングサービスについて

メディカルエンジニアリングサービスについて メディカルエンジニアリングサービスとは? Bio-Texture Modelingとは? 制作プロセス サービスメニュー ご注文 企業情報 お問い合わせ
3次元生体モデル一覧 Bio-Texture Modeling 生体質感造形

Bio-Texture Modelingとは?

Bio-Texture Modeling(生体質感造形)は、当社の3次元設計技術と医療関係者との医工連携で開発された革新的な生体モデル製作技術(特許申請済)で、診察・治療の品質および安全性向上や効率化、患者さんとの信頼関係、医学教育の高度化など、医療が抱える様々な課題の解決を目的に開発されました。

Bio-Texture Modelingは、CTやMRIなどの医療診断装置から得られたDICOMデータから人体の各部位(骨・臓器など)の質感(可視化・感触・硬さ・柔らかさなど)を持った精密な3次元医療生体モデルを提供する、新しい“医療・研究・教育分野向けの支援ツール製作技術”の総称です。

特に3次元生体モデルによる可視化は、全方向からの視覚に加え立体部位に実際に手で触れることで医療画像では伝えきれない多くの情報をもたらします。そのため、患部や人体の特定部位の3次元可視化は、インフォームドコンセント、治療方法の決定、医学教育・研究の場でニーズが高まっています。

さらにBio-Texture Modelingで製作されたモデルは切る・削ることができるため、医療の現場で実践的に活用いただけます。これらのモデルは、骨や臓器などの手術シミュレーションや医療器具・機器の操作訓練モデルとして活用され始めています。

Bio-Texture Modelingのコンセプト

Bio-Texture Modelingでは、形状のみの再現に留まらず、これまで実現困難であった生体の質感、可視化、機能まで再現が可能です。従来ではできなかった生体部位の内部構造を可視化したモデルや生体部位と類似した切削・切除感をもったモデルが製作できます。

Bio-Texture Modelingのコンセプト
ページの先頭へ